親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

【父親ネットワーク】
“親なきあと”への備えについて~後見・遺言・民事信託~(前半)

“親なきあと”って、どんな時でしょう?

親「亡き」あとだけでなく、親が体調を崩して倒れた、骨折をした、病気で入院した、認知症になった…そんな時、誰が我が子の面倒をみていくのでしょう?

親が元気なうちにできることとして、障害のある我が子への「想い」を残す方法を学びます。前編は、成年後見制度(法定後見・任意後見)の解説です。

2021年9月19日 学習会より

この記事を閲覧するにはログインが必要です。

ログイン新規会員登録

未入会の方でも参加できます