親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

【日本自閉症協会】zoom座談会「新型コロナ禍での自閉症の人たちの暮らしを考える」本人・家族編

障害者の親は「いい親」であることを求められることが多く、そのことに追い詰められてしまったりします。
それゆえ、学校や地域は親にとって居心地のいいコミュニティになりづらい。
でも親だって人間。
親が安心して本音を吐露できるコミュニティが必要です。

最近、早期発見早期療育の意味が間違えて伝わっているのではないでしょうか。

本来は、早期に発見して本人や親御さんの辛いことを少なくしようね、という意味。

今必要なのは「早期発見早期ブレーキ」かもしれません。

はやる気持ちを抑えて、ゆっくりしたほうがうまくいきますよ、ということを保証するのが早期支援ではないでしょうか。

この記事を閲覧するにはログインが必要です。

ログイン新規会員登録