親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

【TEACCHプログラム研究会京都支部】 7/16(土) Zoom講演会「アセスメントに基づく余暇選択・余暇支援」のご案内

「余暇 」とは、就労、学習、文化、スポーツ活動などと同様に社会参加の一つであり、自立の基礎となるものです 。

自閉症のある方の、生活の質の向上を考える時、余暇時間の過ごし方についても充実していることが大切です。

しかし、そのような余暇の過ごし方を 、一人で 探したり、実行することが、難しかった り、偏りがあったりすることも 、自閉症のある方には時折見受けられます。

自閉症の方たちと関わる中で、余暇をうまく過ごせない方と出会った経験はありませんか?どのような余暇がご本人にとって充実したものにな るのか悩んだ経験は ありませんか?

今年度の京都支部の講演会では 、「自閉症の方の余暇」をテーマに長らく教育現 場で自閉症の方の好みアセスメント 、余暇支援に関する研究をしてこられ、また、 今年度より 山梨支部の顧問としてご活躍の松下先生より、アセスメントに基づく 、余暇選択の仕方、その過程等をお話しいただきます。

詳細はチラシをご覧ください。

■日時|2022年7月16日(土)午後1時30分~3時30分
■講師|松下 浩之 先生(山梨大学)

PDFファイルはコチラ

TEACCHプログラム研究会京都支部

未入会の方でも参加できます