親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

【京都府発達障害者支援センター はばたき】
|ペアレン・トメンター新聞「フルーツバスケット」発刊のお知らせ|当協会会長挨拶文掲載

京都府発達障害者支援センター“はばたき”から、ちらし「ペアレント・メンターをご存じですか?」と「ペアレント・メンター新聞第3号」が届きました。

京都府ではペアレント・メンター事業として「ペアレント・メンター新聞」を発行されていて、今号(第3号)からは関係機関にメンター活動を知っていただくためのツールとして配布先を拡大されたそうです。

「ペアレント・メンター新聞」は、メンター登録者のアイデアから、メンター同士のつながりと交流、そして情報交換のツールとして産声を上げた新聞とのことです。

発刊に寄せて、当協会・岡会長の「発刊のごあいさつ」が掲載されています。

ペアレント・メンターを知っていただくためにも是非ご一読ください。

ペアレント・メンターとは

メンターとは「信頼できる相談相手」という意味であり、ペアレント・メンターは「親による親のためのサポーター」です。

発達特性を持つ子どもを育ててこられた経験のある保護者の方が、子どもの発達が気になる保護者の方の心配や悩みを聴き、気持ちに寄り添い、共感したり、地域の情報を提供したりして、子育てを応援します。

専門家による支援とは違った効果があるといわれており、厚生労働省においても有効な家族支援として推奨されています。

厚生労働省|発達障害児者および家族等支援事業(都道府県、市町村)
 ペアレントメンター養成等事業ほか

「ペアレントメンターをご存じですか」PDFファイルはコチラ

「ペアレント・メンター新聞 第3号」PDFファイルはコチラ

未入会の方でも参加できます