親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

「子育てほっとタイム」開催のご報告

「子育てほっとタイム」とは、京都府自閉症協会が主催する無料相談交流会です。

毎回、京都市障害者相談員(発達)が参加しています。

今年度初の「子育てほっとタイム」の様子

6月3日(月)に今年度初の子育てほっとタイムを京都福祉会館2階相談室①にて開催いたしましたのでご報告をいたします。

参加者は、上は40代から下は小学5年生のお子さんがいる保護者が7名と野畑先生の計8名です。

今回は成人された保護者の方が多かったので近況で、就職先での様子や趣味の同好会を作って親の知らなかった交友関係があった!というエピソードなど、子どもの年齢に幅がありましたが共感できるお話もたくさんありました。

不登校の状態になり、誰にも頼れない、相談できない…

そんな参加者の中で初参加の方がいらっしゃいました。

お子さんが学校に行き渋る、不登校の状態になり頼れる行政機関もなく、学校への信頼も持てない。

誰にも頼れない、相談できない、不安でいっぱいの気持ちを抱えて勇気をだして足を運ばれました。

その方のお話を聞きながら成人したお子さんの保護者は自分のことのように心を痛めていました。

野畑先生からは医療機関との繋がりの大切さ、先輩保護者からはスクールソーシャルワーカーの存在のアドバイスがあり、苦しい気持ちを吐き出すようにお話されていましたが最後は少し希望が見えたようなお顔で帰られました。

社会の理解や支援はまだまだ不十分

困りを抱えている子ども、保護者に対する社会の理解や支援はまだまだ不十分でこんなに苦しんでいる保護者がいることにショックを受けましたが、これまでいろいろな波を乗り越えて今穏やかに過ごされている先輩保護者の皆さまがとても頼もしく、子どもが持っている可能性の大きさも感じることができる機会となりました。

参加していただいた野畑先生並びに保護者の皆さま、誠にありがとうございました。

次回の子育てほっとタイムは

次回の子育てほっとタイムは
9月5日(木)10:30~12:30
京都社会福祉会館2階相談室①にて開催予定です。

皆さまのご参加をお待ちしております。