親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

親知らず抜歯手術と ASJ 保険
~自閉症スペクトラムのための総合保障~

投稿者:宮内 賀永子
京都府自閉症協会事務局長

久々に息子の歯の健診のつもりで受診したら、親知らずが1本は埋没、もう 1 本は水平に生えており、片方は 1 本だけしか生えておらず、全て抜歯手術をする必要があると言われびっくり。

一句 「いつの間に 水平埋没 親知らず」

入院になるので、コロナ禍のこともあり、先延ばししたかったのですが、隣の歯に接触すると炎症を起こし、痛みを伴うので、それまでにするほうがいいとのことで、抜歯手術を受けることになりました。

手術前検診で説明をお聞きし、1 泊入院して、全身麻酔と局部麻酔で手術をすることになりました。息子の初めての入院手術です。

手術前の点滴は緊張しながらも血管確保でき、静脈血栓症予防のぴっちぴちのハイソックスもはいていました。

準備万端整い、手術室に行くのを見送って、1時間半ぐらいで戻ってきたときには意識もしっかりしていました。

一般病棟の個室に移るまでの4時間ぐらいを経過観察のため日帰り手術センターにいたのですが、その時が一番落ち着かず、ずーっと喋ってうるさかった!

カーテンを隔てた周囲には、手術前後の患者さんがおられるので、すごく気を遣いました。

私が傍にいると余計にうるさいヤツなんですが、離れる訳にもいかず・・・トホホ(^_^;)

看護師さんが気を紛らすために TV を持ってきてくださったりしたのですが、何度か「静かに!」と注意もされました。

個室に移ったら、やっと落ち着いて・・・と言いたいところですが、それは甘かった。

傷口を縫ってある糸が気になって、部屋の鏡を見ながら指を突っ込んで抜こうとするので、必死で止めて格闘! 腕を握って脅したり、懇願したり(溶ける糸とのことで紫色で鏡で見えるんです)。

しかし、ヤツのそういう時の執念には勝てず・・・私の手のひらに1本の紫の糸をそっと置いたのでした。

あっちゃ~!それでまた診察室へ。

出血もなく大事に至らずで良かったです。

その後は、部屋の TV を見ながら(時々鏡で歯を確認)何とか穏やかに過ごし、痛そうでしたが夜もよく寝て、翌日の受診を終えて退院しました。

2本抜歯した方のほっぺはすごーく腫れていました。

口の端が切れているのと、口内炎が4カ所以上できて、口を開けるのも痛そうでした。

食事はおかゆと刻み食ですが、入院中から食欲は有り、完食でした。

退院後は、GH や日中の事業所でも刻み食にしていただき有り難かったです。

1週間後の抜歯の時には、糸は全てなかったようです。

ASJ保険は付き添い費も出ます

これから手術を受けられる方もおられますが、早めに個室に移る方が本人も落ち着くし、周りに気を遣わなくてすむような気がします。

全身麻酔だと、そうもいかないのかもしれませんが・・・

ASJ 保険に入っていたので、入院費や付き添い費(家族でも OK)なども出て助かりました。

診断書などの提出の必要がないので手続きも簡単でした。

一家族で 2 名以上加入される場合は、2 人目から割引料金になります。

・ASJ保険に関することはこちら

未入会の方でも参加できます