親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

正しい理解を広めたい

京都府自閉症協会事務局や京都市の障害者相談員として長年、自閉症の相談を受けてきました。

親御さんが第一にすべきは、自閉症を正しく理解することです。

孤立せず、自分を責めないこと。

私たち京都府自閉症協会は、そのためのお手伝いができる団体です。

自閉症の当事者・その家族の正会員、医療・教育・福祉関係者の専門部員、賛助会員です。

同じ悩みを持つ保護者同士が何でも話せる場でありたいと考え、相談交流会を開催したり、学習会や講演会のほか、行政への働きかけなどを行ってきました。

京都府自閉症協会事務局長 宮内賀永子
京都府自閉症協会事務局長 宮内賀永子

北た道 行く道

京都新聞社会福祉事業団