親と専門家が協働して活動している会です。

事務局

【幼児学齢部・青年成人部】門 眞一郎 ―
「自閉スペクトラム障害の人へのコミュニケーション支援」

コミュニケーション支援は理解と表出をセットで考える必要があります。

浸透しつつある「構造化」は「理解コミュニケーション支援」です。

表出面の支援として、従来は応答しか教えられなかったのですが、大事なのは自発的な表出。

伝えたいことがあるときに、聞かれなくても自分から伝えられるようになることが大切。

それを教えられるようにしたのがPECS(ぺクス)です。

(動画は個人情報に配慮し編集しています)

■『教育へのピラミッドアプローチ 役に立つABA入門』

アンディボンディ著、門眞一郎 監訳
※旧版と間違えないでください!
※教育=新しいスキルを教えること。
育児、職場での教育、生涯教育、全てに関係します。

■『自閉症児と絵カードでコミュニケーション-PECSとAAC-第2版』

アンディ・ボンディ、ロリ・フロスト著
※ダイナミック氷山モデルの資料は、門先生のhpからダウンロードできます

この記事を閲覧するにはログインが必要です。

ログイン新規会員登録